お知らせ・活動報告

機械設計技術者試験の受験者には、申込・ご入金後に受験票と写真票(用紙)を試験センターから送付します。そちらに同封してある写真票(用紙)を、ご自分の写真を貼って完成させ、試験センター宛に郵送していただきます。

令和元年10月1日からの消費税改定により、普通郵便料金が現在の82円から84円に改定されます。

試験センター宛へ、完成した写真票を郵送していただく際、令和元年9月までは現在の郵便料金(一般的な封筒サイズで82円)でお送りいただけますが、10月1日以降は新たな料金体系(82円に該当する料金が84円に変更)となります。

試験センターでは、送付された郵便物の郵便料金が不足する場合、受け取らずに郵便局を通じて送付者へ「料金不足」として返送させていただくことになります。従って84円が必要な時期になってから82円で送付された郵便物は、料金不足で戻され不足分(ここでは2円を想定)の切手を貼って再送付、という手間が生じます。

余計な出費、手間を省くという意味において、受験者の写真を貼り完成させた写真票は、9月中に試験センターへ送付いただくのがベストです。お手元に受験票(と写真票用紙)が届いたら、すぐに写真票を完成させて試験センターへお送りいただくようご協力をお願いします。