販売頒布品

一般社団法人 日本機械設計工業会では機械設計業務に役立つビデオや機械設計技術者試験勉強用問題集(技能検定学習用ではありませんのでご注意ください)などの頒布をおこなっています。なお各々の頒布品は基本限定生産のため完売時点で入手不可能となりますので、ご希望の商品がございましたらお早めにお申し込みください

機械設計技術者試験問題集

●お金をかけない受験対策に挑戦!

なるべくお金をかけずに受験対策をしてみようという方は、過去問題(PDFファイルを掲載しています)の研究(解答に頼らず参考書などを使って自力で答えまで導き出してみる)という方法があります。

平成15, 16, 17年度の3年分は解答例を掲載していますが、18年度以降は問題のみの掲載となっています。解答例のない問題を自力で解くのは時間も労力もかかると思いますが、その努力は自分の血や肉となり真の実力につながるでしょう。

平成18年度版以前の問題集はすでに完売となっております。

平成20年度版問題集コピー
単年度分掲載(平成19年度実施の試験問題+解答例)
※すでに平成20年度版問題集(完売)をお持ちの方には必要ありません
1, 2, 3級 各500円 + 送料86円

平成19年度版問題集コピー
単年度分掲載(平成18年度実施の試験問題+解答例)
※すでに平成19年度版問題集(完売)をお持ちの方には必要ありません

1, 2, 3級 各500円 + 送料86円

工業会取扱い以外の問題集

Amazonご利用時の注意について
書籍購入の利便性などから参考情報としてAmazonをご紹介しておりますが、こちらで紹介している書籍に限らず、一時的に商品在庫がなくなったタイミングで、定価よりも高い額で販売するショップなどが表示される場合があります。買う買わないの判断は最終的にはご自身の判断ではありますが、その点も十分に注意することをお勧めします。下記の定価情報も併せてチェックしてください。

◎ 一般の出版社の書籍としては、初となる機械設計技術者試験準拠の学習用テキスト「機械設計技術者試験準拠 機械設計技術者のための基礎知識」が(株)日本理工出版会より発売されております。

お近くの書店などでご注文の際は次の5点の情報で取り寄せ・予約が可能になります。

  • 書籍名 : 機械設計技術者試験準拠 機械設計技術者のための基礎知識
  • 発行元 : 株式会社日本理工出版会
  • 編者 : 機械設計技術者試験研究会編
  • 本体価格 : 3,600円(税込3,888円)
  • ISBNコード ISBN978-4-89019-620-3

㈱日本理工出版会発行 問題集の説明

 平成21年版より、機械設計技術者試験問題集(過去問)は、㈱日本理工出版会さんから発行されております。これにより全国の書店で手軽にお求めいただけるようになりました。

 収録されている内容は、それぞれ表記された年数-1の年度に、実際に出題された1,2,3級全問題、および解答例が掲載されています(例.平成27年版問題集には、平成26年度の1,2,3級試験全問題と解答例が掲載される)。単年度、全級収録という形です。

 直近に出題された問題だけでなく、過去にさかのぼって解答例を知りたい方には、該当する年版(表記と内容に注意してください)の問題集の購入をお勧めします。なお過去問題自体は、過去問題PDFファイルを掲載していますので、お金を掛けずに試験対策をやってみよう、という方はこちらをご利用ください。自力で解答方法を研究することで実力アップも期待できると思います。


◎ 平成28年11月実施、平成28年度機械設計技術者試験問題・解答例を掲載した「平成29年版 機械設計技術者試験問題集」(平成29年度試験受験者向け最新版過去問)は、平成29年6月ごろ発売予定

◎ 最新刊発売情報についてはこちらをご覧下さい(平成29年1月現在、最新刊は平成28年度版です。ご注意ください)


◎ 平成21年版〜26年版の機械設計技術者試験問題集の発売状況については、発行元である株式会社日本理工出版会(TEL:03-3301-8760)へ直接お問い合わせをお願いします。

参考として、下記に、Amazonの各年版問題集発売状況を掲載したページをリンクしておきます。

ただしAmazon本家で「在庫切れ」となった問題集を、通常より高い値段で販売するショップもいらっしゃるようです(商品検索機能では、通常より値段の高いものが表示されることがあります)ので、購入に際しては十分確認、検討することをお勧めします。

本体価格は各年版とも2,700円(消費税8%で税込み2,916円)です。

この価格を基準にしていただき、購入する・しないを判断する際の参考にしていただくと良いでしょう。

繰り返しになりますが、過去問題自体は、過去問題PDFファイルを掲載しています。

自力で解答方法を研究してみることは、実力アップの非常に有効な手段かと思います。

 → ● Amazon の 各年版、機械設計技術者試験問題集の発売状況



製図教育用ビデオ(VHS)

左:初級講座 右:中級講座

「楽しい製図」は初級講座、中級講座各1巻で構成されており、レベルに合った内容をお選びいただけます。注意:再生にはVHSビデオデッキが必要です。

  • 「楽しい製図」は、初めて機械製図を勉強される方から中級技術者までを対象に、編集構成された機械製図の研修用ビデオです。
  • 初級講座は、初めて機械製図を勉強されるかた向け、中級講座は、製図の基礎知識を持った中級技術者のかた向けの内容で構成されています。
  • 高校、専門学校、高専、大学での機械設計・製図関連講座などでご活用いただけます(各種学校から引き合いをいただいております)。
  • 企業における機械設計業務の新人研修や、中堅技術者向けの基礎技術力確認などにも最適です。
こんな方にお勧め!

機械設計部門での新人教育ご担当者。
高校、専門学校、高専、大学での機械設計・製図関連講座に有効な視聴覚教育教材をお探しのご担当者、先生方。

初級講座の構成(約20分)

  1. 機械製図の概要説明
  2. 製図用具の説明
    (a)製図器、製図用具の説明
    (b)製図用紙の説明
  3. 機械製図の概要説明
    (a)線について
    (b)文字について
  4. (a)直線の引き方
    (b)円・曲線の描き方
    (c)直線と曲線のつなぎ方
  5. 投影法及び正投影図の説明
    (a)投影法
    (b)正投影法
  6. 第三角法説明
  7. 正面図の選定
    (a)特徴を最も表す面の選定
  8. 投影図の展開と配置
    (a)投影図の展開
    (b)投影図の配置
    (c)図形の共通点を説明する
    (d)必要最小面の選定を説明する

中級講座の構成(約30分)

製図対象物として「弁箱」を題材にしています。

  1. 製図対象物の紹介
  2. 製図対象物を理解する
  3. 製図対象物の概略寸法を知る
  4. 正面図の決め方及び表示面数
  5. 断面図示の必要性について
  6. 尺度の決め方
  7. 用紙のサイズを決める方法
  8. 図形のレイアウト方法
  9. 図形の作図方法
  10. 寸法の記入方法
  11. 仕上げ記号の記入方法
  12. ハッチングの図示方法
  13. 表題欄・部品欄の記入方法

商品価格

初級講座編(全1巻) 会員 10,000円+送料
非会員 12,000円+送料
中級講座編(全1巻) 会員 10,000円+送料
非会員 12,000円+送料
初級・中級セット - 21,000円(送料サービス)

※上表の「会員」は(一社)日本機械設計工業会の会員を示します。