個人で受験される方

令和  年度 機械設計技術者試験

  実施日 令和 2年 11月 15日(日)

  ◎受験申請受付期間
   令和 2年 7月20日(月)~ 9月30日(水)予定通り締切ました。

  ◎入金期限
   令和 2年10月15日(水)予定通り締切りました。
   以降の入金はお控えください!

  ◎受験票が届いたら、すぐに写真票を送り返してください!
   最終提出期限11月4日(火)必着

   ◎合格発表
   令和 2年12月25日(金)に決まりました。

●2020.9.9(10.8更新) 
 令和2年度機械設計技術者試験実施にあたり、新型コロナウィルス対応について団体とし
ての取決めをおしらせしてゆくまとめページを作成しました。こちらで順次掲載してゆきますので
定期的に巡回いただき内容ご確認いただくとともに、ご理解ご協力をお願いいたします。
 
  → ●機械設計技術者試験 新型コロナウィルスに 関する対応について (まとめ)

  
●試験運営に関するおしらせ・変更点などをまとめてあります。ご一読ください。消費税改定により令和2年度より受験料改定を改定させていただきました。 (随時更新)

    • 令和2年度 情報を順次掲載してゆきます。
      R02.7.8 
      下記の受付処理の流れは、令和1年度の情報です。令和2年度は若干変更が加えられる予定です(受験者の方にとって使いやすく)
      令和2年度受付に向けたシステム改修では、受験者個人のマイページで
      受験料の入金は、無事に確認されたかな?

      受験票はちゃんと発送されているのかな?
      試験センターに写真票は届いてるかな?
       
      といった、受験者が不安に感じる情報を、ご自身で確認いただける受付システムに改修中です。
    • 申込関連の自動返信メールは、すぐに届きます
    • 7月20日(予定)から掲示されるURLから、受験希望者は申し込みを始めていただき、以降必要な手続きを進めてください。
    • すべての申込者の方は、申し込みに先立って
      info@kogyokai.com
      exam@kogyokai.com
      exam@gaea.ocn.ne.jp
      @secure.jpc.jp
      上記4つのメールアドレス(ドメイン)からのメールを受取れるように、お使いのメールサーバやメールソフトを予め設定しておいてください。受験に関する連絡事項は、目的などに合わせてこれらのメールアドレスからお送りします。(特にスマホなどの携帯電話系メール(ドコモ、au、ソフトバンク)は 、PC メール(プロバイダ)からのメールを拒否する設定がデフォルトになっているケースがほとんど受験申込の必須準備としてお考えください)。
      携帯電話系メールで、自動返信メールが届かないのは、9割以上この理由によるものです。心当たりのある方は、上記4つのメールの受け取りができるように設定した後で、WEBから再申し込みをしてみてください。
    • 上記の設定が分からない、などの場合は会社のメールやPCメール、下記GメールやYahooメールなどのフリーメール利用も検討してみてください(その際の注意事項は、下記を参照してください)。
    • G-MailやYahooメールなどのWEBメールアドレスを使ってWEB申込みをされた方で、自動返信メールが届かないといった事例が多く出ています。
      ほとんどの場合「迷惑メール」フォルダに振り分けられているようですので、「迷惑メール」フォルダの確認をお願いします。
      なお、G-Mailの「迷惑メール」フォルダは、G-Mail画面の(左側に並んでいる)メニューの一番下に「開く」の項目があり、そこをクリックすると 表示されます。
      Yahooメール含め他のWEBメールでも同様に「迷惑メール」フォルダに入り込む ことが考えられますので、該当するメールをお使いの方は、各WEBメールの「迷惑メール」フォルダを探し出していただき、そちらを確認してください。
    • また、受付以降の連絡メールなども「迷惑メール」フォルダに入る場合が考えられますので、定期的にチェックをしてください
    • 上記(自動返信メールが届かない場合の考えられる要因)を確認したうえで「自動返信が届かない」場合は、ご自分のメールアドレス入力ミスが考えられます。再度メールアドレス登録をしてください
    • 令和2年度申込では、メールアドレス登録 → 入力用フォームのURLを送信 → 申込みデータの入力 の手順となります。

「WEB個人申請」の流れは次の通りです。

 ①工業会ホームページの個人申請フォームからメールアドレスを入力する。
  自動返信メールがすぐに届きます。届かない場合は上記を参照して確認、再度申込みをしてください。
  ※「受付締切り」は、WEB入力の締切りを指します。受験料の入金などが締切日以降になっても構いません(受験料入金期限は、別途設定されています)。

②すぐに、正式な申し込みができるフォームにアクセスできるURLが記載されたメールが
 届きます。そこからお申し込みください。

③下記、デジタル個人申請マニュアル(受験料納入先はP6)を参照し、お申込み後7日以内を目途に受験料を所定の口座へ入金。
※重要 領収書の発行はしません。金融機関の振込み控え(利用明細)を大切に保管しておいてください。

※参考 合格者に対する受験料補助制度がある企業では、その申請には受験料払込みの控え(利用明細)が必要になる場合があるようです。これをなくしてしまうと申請が難しいと聞きますので、該当される方は特に厳重な保管をお勧めします

受験票&写真票(用紙)が受験者宛に封筒にて郵送されます。
 これは工業会からの入金確認のお知らせを兼ねています。従って入金されないと、いつまで経っても送れません

受験票は当日まで大切に保管してください
 ※「受験票が届いていない」とおっしゃる方が少なからずいますが、実際は9割以上の方がすでに受け取っています。この時点で受験票は入手しています。

 ④で届いた封筒の中に、受験票と一緒に入っている写真票(用紙)に、自分の写真を貼って写真票を完成させてください。
    → 写真票用の顔写真について 
完成した写真票と一緒に84円(額面が84円以上になっていれば、切手が複数枚になっても構いません)切手を、工業会試験センター宛に郵便で返送してください。

 写真票は試験当日、本人確認のために使用する試験運営者用の書類です。受験者に返却されるものではありません(84円切手と送るので、返却されるものと勘違いするかもしれません。ここで送っていただく84円切手は、④で工業会が受験者に送ったときの郵送代(工業会が立て替えた分)の返却、といった意味合いのものです)。

⑥写真票が工業会に届いた時点で申請手続きがすべて完了となります。

☆ 令和2年度 機械設計技術者試験 受験案内(デジタル個人申請用)

 ・PDF ファイル(R02.7.14版) (令和2年度 R02.7.8掲載、7.14更新)

☆ デジタル個人申請マニュアル

 ・PDF ファイル(R02.7.17版) (令和2年度 R02.7.14掲載、7.17更新) 
   ※ 個人申請の手続きマニュアル

☆個人申請用WEBページ

 → 受験申込みフォーム(1,2,3級共通)  9月30日、予定通り終了となりました。
 

   <申込(掲載)期間 7月20日~9月30日 (当然ですが)受付期間が終了するとWEBフォームにはアクセスできなくなります! >

  ●試験のご案内(受験を検討されている方へ)   ●団体で受験される方

  ●受験希望者の方へ参考情報 →  ○過去問題の掲載   ○受験講習会情報   ○合格者インタビュー  ○合格者が役に立った教材など